カップル

食事でコレステロールを下げるコツ|生きるために必要な栄養素

血液を綺麗にする生活

腹部とメジャー

生活習慣病を予防する基本

生活習慣病を防ぐためには、血流を常にサラサラにしておく必要があります。血中コレステロール値が高くなっていると病気を促進するため、下げるメニューを意識した食事を取り入れましょう。魚は日本人になじみの深い食材であり、特に青魚の魚油にはサラサラ成分のDHAとEPAが含まれています。毎日魚を食べている方ほど、コレステロール値が正常で脂質異常症になりにくいのです。野菜全般もおすすめであり、食事の最初に野菜を食べることで効率よくコレステロールを下げることができます。特に色の濃い緑黄色野菜ほどビタミンやカロチンが多く含まれており、サラサラを促進するのに役立つのです。それ以外だと大豆、酢などもコレステロールを下げるために役立つので、毎日の食事に取り入れましょう。

不足する栄養は健康食品で

バランスのよい食事を心がけていても、栄養素が不足することは多々あります。食材の持つ栄養素が昔と比べて減少しており、栄養素を完全に満たすためにはより多くの量を食べる必要があるのです。しかし、これによりカロリーオーバーを招いて肥満を促進しやすいため、不足する栄養素をスポット的にサプリで補いましょう。魚をあまり食べない方にはDHA・EPA、野菜嫌いの方にはビタミンやカロチンが役立ちます。大豆の代用としてはイソフラボンやレシチン、酸味成分の摂取には黒酢サプリやクエン酸が役立ちます。コレステロールを下げることで血流を改善すれば、体全体が温まって代謝も向上するでしょう。代謝が悪くなるとさらにコレステロールを溜めることにつながるため、代謝促進を意識した食事メニューを心がけてください。

体質で異なる薬

漢方

更年期と判断されたときに漢方を処方する場合は、その人の体質によって薬を決めるという特徴があります。漢方は同じ薬でも人によって効き目が全く変わってくるのです。購入する際は副作用のリスクがあることを頭に入れ、異変を感じたらすぐに服用を中止してください。

もっと読む

カリウムを摂取できる

サプリメント

むくみサプリメントは、むくみに効果のあるカリウムが含まれているだけでなくビタミンや乳酸菌などが含まれていることが多いのが特徴です。多くのサプリメントを販売している会社で、定期コースを選ぶとリーズナブルに購入できることを知っておくとよいでしょう。

もっと読む

腸内のお花畑

お腹

フローラとはお花畑の意味があり、腸内フローラとは腸内でお花畑があるような状態を言います。その正体は細菌のコロニーです。良好な腸内フローラを形成するには、善玉菌の餌となる食物繊維をしっかりと食べることです。

もっと読む