ウーマン

食事でコレステロールを下げるコツ|生きるために必要な栄養素

体質で異なる薬

漢方

ある程度は年齢を重ねると、特に女性の場合更年期障害に悩まされる人が増えていきます。そんな更年期障害の際によく処方されるのが漢方薬です。漢方薬は自分でも購入することが可能ではありますが、特に自分で購入する場合には注意してほしいことがあります。それは副作用です。漢方は一般的に普通の薬よりも副作用が少ないと思われがちですが、事前に生えている薬草や動物の身体の一部分を使っていたりするので、服用している人によっては使用している成分に対してアレルギー反応を起こす場合があります。異常を感じた場合はすぐに服用をやめるようにしましょう。また、服用する際はできるだけ複数の漢方を一気に飲まないようにしましょう。漢方には配合禁忌という組み合わせがあり、効果が低下したり場合によっては害になるケースもあるのです。

病院で更年期障害と診断されたとき、場合によっては漢方を処方される場合があります。また、町のドラッグストアでは更年期に効果のある漢方がいろいろと売られています。漢方にはそれぞれ特徴があります。通常、薬は病名によって薬を選ぶのですが、漢方に関しては病名で薬を決めるのではなく、更年期障害の様々な症状に対してその症状を改善させる漢方を選ぶという特徴があります。そして、漢方は症状もそうですが、その人の体格や体質などを考慮して処方されます。ですから、同じ症状であっても患者の状態によって処方される薬が変わるという特徴があります。効果がある場合はとてもよく効きますし、処方される薬によっては改善が見られない場合もあります。